Press "Enter" to skip to content

デリヘル風俗の求人に応募する際の注意 ~悪質なお店を見極めよう~

風俗のお店も昔に比べると安全になりました。以前は治安が良くなかったり怪しいところや法律に触れるような経営をしているお店も少なくなかったものですが、近年では治安もよくなり風営法を守っているお店がほとんどです。

しかし残念ながらすべてのお店がそんな優良店ではなく、中には「悪質」といわれるようなお店も存在しています。これはお客側からして悪質な場合とそこで働く風俗嬢にとって悪質な場合の二通りがあります。

ここでは、働く側からの悪質なお店について見てみることにします。どんなお店かわからないまま、求人に応募していてはのちのちトラブルになったり思ってもいなかった状況になってしまうこともあり得ます。

そんな悪質なお店を見極めるためには、まず求人内容をチェックしましょう。風俗で働く人の最も関心のある事柄といえば、報酬の面でしょう。

普通のアルバイトやパートと比較して格段に高給なのが風俗店で働くメリットなのですが、だからといってあまりにも相場と懸け離れて高い給料を掲載していることがあります。

その金額は店側の提示するある一定の条件をクリアした人だけに与えられるもので、クリアすることは非常に難しいということが少なくありません。

だから高給に惹かれて入店したのに思ったよりも稼げないという事態に陥りがちになってしまうのです。また、風俗店では「本番行為」はNGですが、お客さんから求められればオプションとして追加料金を払えばOKとしているお店もあります。

建前上お店としては黙認しているのですが、法令を遵守していない悪質なお店といえるでしょう。こういった点に入店してから気付いたのでは遅いので、求人に応募する前、もしくは面接の時点でしっかりと確認しておくことが必要です。